素敵な暦の本

10月中にせっせとイラストを描いていたのは
大修館書店から先日出版された暦の本。
岡田芳朗・著「春夏秋冬 暦のこば」

初夢、啓蟄、八十八夜、三伏、酉の市。
四季折々の日本の暦を解説、紹介しています。

e0134232_14522947.jpg


大修館書店の井之上さんが装丁した美しい本です。

e0134232_14531539.jpg


書店のカレンダーや暦のコーナーに並んでいると思います。

e0134232_14532892.jpg


よかったら手にとってご覧くださいませ。
暦の本では有名な岡田芳朗さんの御本としては珍しい
女性向けにソフトな仕上がりとか♪
内容はしっかりといていて読みごたえあります。

今年も1ヶ月で、新しい年になります。
穏やかなようで、いろいろあった一年でした。(ちょっと気が早すぎ!まだまだ!)

「春夏秋冬  暦のことば」
岡田芳朗・著  大修館書店・刊
1400円+税

アマゾンで発売中
[PR]

by petacokimono | 2009-12-03 14:55 | お知らせ