カスピ海ヨーグルト

2週間の旅行をするにあたって気がかりだったのは
冷蔵庫のぬか床、カスピ海ヨーグルト、庭の植物。
これ、生き物ですからねえ、世話しないと死んじゃうんですよ。

ぬか床は冷蔵庫に入れているので温度管理が一定なので安心ですが
毎日かき混ぜ空気を入れないといけない。
2週間の間、かき混ぜないとこりゃダメだろうなとなかば諦めつつ
上部に塩の層を作って出かけました。

カスピ海ヨーグルトは冷蔵庫へ。

庭の植物たちは電池式水やり器をセット。
朝晩3分ずつ水やり出来るようにしました。

☆ ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ ☆ ★

2週間後、ぬか床は塩をざっくり取り除き
かき混ぜてみたらなんとか生きてました。
かなり塩っ気がきつくなってしまったので
味を元に戻すには2週間ほどかかりました。
私の時差ぼけが治るのとほぼ一緒くらいの日数です。
植物たちは元気。ホッとしました。

そしてカスピ海。
これはダメでしたね。
菌を頂いてからほぼ5年、
毎日せっせと作っていたのですが。

あらためてカスピ海の菌を入手しようとしたら
なんと家森教授のカスピ海ヨーグルトオフィシャルサイトが出来てました~。


種菌も粉末のものが販売されておりまして、
作り方や管理の仕方もきちんと指示されておりまして、
安心してカスピ海ヨーグルトを作ることが出来ます。

かくして新たに購入した種菌はすこぶる繁殖力が強く、
カスピ海ヨーグルトの味を思い出したのでした。
5年の間に菌力が弱くなっていたのと、
別のナニかが発生していたんでしょうね。(ん~。それはナンだったんだろう?)
[PR]

by petacokimono | 2010-07-26 18:45 |