さん喬独演会・panja morimoto展覧会、終了♪

昨日は清澄白河と、西荻窪、東京の東と西で
私にとっては気になるイベントが重なってしまった。

東の「さん喬独演会」は、噺家柳家さん喬氏の
プライベートな独演会。清澄白河の深川江戸資料館にて行われました。
毎回、満席のお客様。私はそのもぎりのお手伝い。

演目は

開口一番   小太郎

品川心中   さん喬

=中入=

五人廻し   さん喬

猫定      さん喬

この3席、どれもたっぷりの噺。
品川心中。冬の品川っぺりを吹く北風の寒さ。
師匠の噺は、冬に夏のじりじりとした日差し、
夏に冬の凍てつく寒さを思い出させてくれる。

五人廻しは久々に聴きました。
江戸っ子の言い立ても後半のピッチがどんどん高く早くなるのが
本当に聴いていて気持ちが良い。(^^)
猫定は陰惨な噺。
言葉一つで目の前に広がる土砂降りの雨と黒々と溜まる血だまり。 

終わって打ち上げ。
そのころ西荻窪では同じく展覧会の打ち上げで
フランス産発泡酒など開けていた模様。
最終日だからたぶんお客様がいらっしゃるだろうと思っていたら
案の定、入れ替わり立ち替わりの招福来客。

なんだかんだでお互い帰宅は12時を回っておりました。
お疲れ様。
[PR]

by petacokimono | 2011-07-24 10:42 | お知らせ