道を変えると福にあたる

予約していた本が入ったよと知らせを受け、
隣の駅まで歩いて図書館へ。
約40分のお散歩。

途中お茶屋さんで掛川のお徳用茶を買い、
住宅地で小さな「天然酵母のパン&カフェ」を見つけ、
そうそう、無人の産直はどうかと行けば、隣に面した畑に
「大根引っこ抜き」の手書き文字看板を見つける。

通り過ごすところ3歩戻って中へ。

プルーンの枝の剪定をしている農家のおじさんと話をして
大根畑に行けば、三浦、大蔵、青首三種の大根がお出迎え。
その中で一際大きな一本を引き抜こうと挑戦するがびくともせず。
大根抜きのプロにお委せして、会計なり。

200円。

e0134232_1635595.jpg

先割れの青首はおまけでもらっちゃった♪
e0134232_1643132.jpg

立派な三浦は市場では敬遠されるらしい。
どうして?

大きすぎるから。

先の割れた大根は売れないらしい。
どうして?

規格外だから。

美味しいのにね。
でもそんな先入観はそろそろ無くなる
時代になるんじゃないかな。

パンジャを驚かしたいので、
これはこのままにしておこう。
[PR]

by petacokimono | 2012-01-14 16:07 |