これからの季節に付けたい半衿

今日作っていたのは2枚の半衿です。
1枚は水草と金魚。
夏になるとゆらゆらと水の中で泳ぐ金魚の絵柄が欲しくなります。
尾をひらひらと動かして水の中を漂う姿を見ると癒やされます。
e0134232_1714041.jpg

もう1枚は、アールデコの半衿。洋館の窓やドアを飾るようなデザイン。
帝国ホテルのインペリアルバー、目白の庭園美術館のドア・・・。
着物の半衿にあったらきっと綺麗だろうなあと思うのですが
今まで見たことがありません。

ずいぶん前に、ベトナム手刺繍で作ろうとしたことがあったのですが
直線を手刺繍するというのが大変だったらしくて、
出来上がった物はシャープさに欠けており、製作を断念しました。
ベトナム刺繍の牧歌的な手刺繍と、アールデコの無機質なシャープさは
相反する物だったのかもしれません。

今回ミシン刺繍によってそんな幾何学的な半衿の製作が可能になったことは
大変嬉しく思います。あきらめていた物を作ることが出来る、デザインの幅が少し広がりました。
ベトナム手刺繍の良さ、ミシン刺繍の良さ。それぞれの特徴と利点があります。
e0134232_17141242.jpg


両輪のように使いながら、楽しい半衿をもっと作っていきましょう♪
[PR]

by petacokimono | 2015-05-17 17:23 | ハンドメイド