春の魚で鰆(さわら)

魚の切り身を焼くときにたっぷりの塩をまぶし約15分放置。
のちに水道水で塩を落とし焼きます。
これは「ためしてガテン」で知った方法ですが魚も鳥もおいしくいただけます。

今日はパンジャが買ってきた切り身を見て「さわら」とわかりました。
スズキかワラサか迷ったけど一発正解で気分がよろしい。
この鰆が2切れ560円の割においしかった。
季節の香り、熱い身をほおばって息を吸うと
ちょうど夏に向かう空気の香りがします。
e0134232_16534329.jpg

体が初夏のメニュを欲したのか、今日はゴーヤチャンプルをリクエスト。
スーパーには活きの良いゴーヤが無く、駅前のコープへ。
なんと売り切れで、今日は行く予定の無かった八百屋へ寄ったとか。
八百屋になかったらはたしてチャンプルは?そのときはメニュ変更でしょうかね。
しかしこのゴーヤ、みずみずしくて良いゴーヤでした。
手に入れる苦労話も、ひと味増すのに貢献しています。
e0134232_1654037.jpg

二十日大根、今日はゆがいて干しエビ、出汁、醤油で味付けしました。
e0134232_16541947.jpg

ブログ友千兵衛さんがくださった刺身コンニャク♪
e0134232_16543629.jpg

状態の良いハツを塩焼きに。
e0134232_1654452.jpg


家のゴーヤはちょうど私の背の高さまで蔓を伸ばしました。
今年は何個採れるでしょうね。
そしてゴーヤチャンプルは何度登場するでしょうか。
[PR]

by petacokimono | 2008-06-26 17:08 |