カテゴリ:ぺたポチ袋( 7 )

11/365 ぺたぽち袋・椿

寒い冬の日に、椿の花の色は
寒色、暗色の世界に灯った明かりのようです。
この椿の刺繍半襟は、豪華なんだけど
とってもあわせやすい一枚です。
和キッチュでもとても好評で、
お店に出るとすぐになくなってしまいます。
自分用に、プレゼントにと再度お求めになる方も多いみたいです。

成人式や卒業式の半襟としても
お奨めしたい一枚です。
椿の花言葉は赤は「ひかえめな美徳」、白は「最高の愛らしさ」。
香りがない椿の花は、ひかえめに美しく咲いています。
厳しい時代ですが、厳しい寒さの中で花開く
椿のように、人生の花が開きますように。

e0134232_11423870.jpg

ぺたぽち袋、和キッチュにて発売中
e0134232_10574318.jpg

[PR]

by petacokimono | 2011-01-11 12:07 | ぺたポチ袋

10/365 ぺたぽち袋・喜び

和キッチュの初期の頃に作られた人気のポーチです。
これをたまたまネットで発見したときは驚いたなあ。
調べたらベトナムで作って販売、
航空便で直接送られてくるというのにも驚いた。
ところがそのサイトにある刺繍の商品全てが売り切れで、
そのまま半年以上もその状態が続くのでした。
諦めかけた頃、ようやく入荷され、
ポチっと出来たときは嬉しかったですよ。
入金して、待つこと3週間。
ようやく送られてきたときの包みを開けた時のうれしさは格別で
いまでも憶えているほど。

ほんとにもう・・・、泣いていいですか。

縁とは不思議なもので、
その刺繍のデザインを出来る事になり
お客様にお届けするサイトの管理まで
手がけることが出来るなんてね。
ほんとうに夢のようです。
一人の客だった時の(サイトを見たときの)ときめきや、
(お買い物をしたときの)喜びや、
(届いて包みを開けたときの)驚き。
和キッチュで、ポチッとお買い物をしてくださる
お客様にも味わって頂きたいなと思うのです。(^^)

e0134232_11273983.jpg

ぺたぽち袋、和キッチュにて発売中
e0134232_10582537.jpg

[PR]

by petacokimono | 2011-01-10 10:55 | ぺたポチ袋

9/365 ぺたぽち袋 朝顔

さて今日からは当分刺繍シリーズです。
せっかくベトナムで高度な手刺繍を出来るのだからと
贅沢に刺繍を楽しみましょうということで、
数年前に作った「和キッチュ豪華半襟」シリーズ。
この朝顔は、それに入れてもおかしくないほど
とても豪華に出来上がった一枚でした。

江戸時代、庶民の植物愛好熱はすごくて
朝顔、ツツジ、菊など毎年新種を売り出していましたが、
中でも朝顔は色や形、斑の入り方などで評判となった物は
高値で売買されていたそうな。

この朝顔、日本では簡単に発芽しますが
土壌の関係か気候か、海外で育てるのは
難しい地域も多いみたいです。

e0134232_11204336.jpg

それにしても朝顔は季節外れでしたね、すみません。
いや、綺麗だったものでつい。

ぺたぽち袋は和キッチュにて発売中。
e0134232_1101766.jpg

[PR]

by petacokimono | 2011-01-09 11:23 | ぺたポチ袋

8/365 千鳥

向島百花園のお土産に
千鳥の箸置きがあります。
この姿が何ともかわいらしい。
シェイプが美しく、裏の足まで
しっかりと書き込まれている、
じつに丁寧で良い作品です。

昨日紹介した「七草」。今の時期、竹籠にしつらえた
七草の寄せ植えが展示されていると思います。
確か以前、同じ寄せ植えを皇居に献上しましたという
解説文を目にしたような。
百花園の周辺は七福神巡りのコースにもなっていますので
小春日和のおりにお出かけになってみてはいかがでしょうか。

e0134232_11444798.jpg

今日のぽちぶくろは、鳥二羽。
千鳥?鳩?
お見立てでどちらでも。

e0134232_11535684.jpg

和キッチュにて発売中
[PR]

by petacokimono | 2011-01-07 11:48 | ぺたポチ袋

7/365 ぺたぽち袋・七草

e0134232_1232535.jpg

七草。
芹、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ。
近頃手に入りやすくなったのは
スーパーで七草がゆセットが売られていたり
昔の行事を面白く思ってイベントとして生活に
取り入れようという人が増えたからですね。
その七草、刻むときにおまじないのような
歌を口ずさみながら行います。


七草 なずな、唐土の鳥が
日本の土地に渡らぬ先に
七草生やす
すとん とん 
すととん すと とんとん



といったセリフに合わせ七草を刻みますが、
この歌詞、昔のものと思えないような
意味を含んでいることに気が付きました。
唐土の鳥・・・、海を渡ってくる流行病のことを
指していたようですが、今問題になってる
鳥インフルエンザの事のようにも聞こえます。
渡り鳥が何かを運んでいるのでは?と
昔の人は気が付いていたのでしょうか。

昔は今と違い研究体制も整っていない中、
突然現れ瞬く間に広がる病(伝染病)を恐れていたのでしょう。
七草がゆは、お正月の食べ過ぎた胃腸の回復を図り
凍土に芽吹き育つ春の七つの草を
体内に取り入れることで、病に負けない体を
作りたいという願いも、込められているのではないかしらね。

ときおり童歌にも、ドキリとする歌詞を見いだすことがあり
謎かけのような不思議な感覚にとらわれます。

さてさて、
さまざまな事を思いながら
今日はお粥で暖まりましょうか。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
七草を楽しんでもらいたいなと
和キッチュでは「七草半襟」を作りました。
おかげさまで好評ゆえ完売となっておりますが
ご要望がありましたら再度作ろうかと思っております。

e0134232_1259066.jpg

[PR]

by petacokimono | 2011-01-06 12:30 | ぺたポチ袋

6/365 ぺたぽち袋・紙風船

e0134232_1231367.jpg

富山の薬屋さんが行商する時、
子供が好きそうな、風船や簡単な
おもちゃを持って回ったそうです。

私は横浜に住んでいたのですが
来た覚えがないなあ。
置き薬やさんは時々来ていましたが
あの人が富山のくすりやさんだったのでしょうか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日1月6日はキリスト教の祝日。
東方の三賢者が誕生したキリストの元を訪れ、
キリストが神の子として公に現れた事を記念する日。
この日の前日までがクリスマス節であり、
クリスマスの飾り附けはこの日に外されます。

六日年越し。明日は正月7日、7日正月。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]

by petacokimono | 2011-01-05 12:41 | ぺたポチ袋

ぺたぽち袋  5/365

e0134232_17151712.jpg

1月5日
本日はロウソク。

蝋燭、ろうそく、ロウソク・・・。
この絵のロウソクはカタカナの
「ロウソク」といった感じでしょうか。

一つの灯りはとても小さいけれど、
明かりの下には誰か人がいるといった
安心感を伴っているような気がします。

e0134232_17131455.jpg

ぺたぽち袋・和キッチュにて発売中
[PR]

by petacokimono | 2011-01-05 05:00 | ぺたポチ袋