カテゴリ:着物( 150 )

足袋の型紙

数年前に義母から頂いた足袋は
ピッタリと足にあって気持ちが良い。
元は裏方の方が作業するときに
履いていたものだそうで、
この足袋を作った足袋屋さんは廃業、
今では手に入りません。
色はあせ、ボロボロになっても
捨てられず取っておいたのです。

e0134232_1591520.jpg暮らしの手帳13号(2004・・05)を見ると、
足袋の作り方が載っています。
以前、この記事をお手本に
足袋を作ってみたのですが、
ぶかぶかであまり上手に
出来ませんでした。

戦時中、母も足袋を作ったことが
あると言っていました。
手の器用な母が「足袋は難しい」と
言っているので、やはり足袋作りは
難しいのでしょうね。


e0134232_15134220.jpg

でも作ってみたい!(笑)
とりあえずその日のために
この足袋から型紙を取ることにしました。

糸をばらして広げます。

アイロンをかけて、厚紙に輪郭線を付け、
はさみで切り抜きます。
型紙が出来ました。

e0134232_15153463.jpg















e0134232_15161725.jpg暮らしの手帖の型紙と比べてみると
だいぶ違いますね。
特に4本指の方。とがってます!


e0134232_15181469.jpg


足を包む部分の型紙もほっそりしています。
ナルホド、これで足にピッタリだったんだ。

みなさんも、足にピッタリの足袋があったら
その足袋から型紙を取っておくことをお勧めします♪
[PR]

by petacokimono | 2008-03-16 15:20 | 着物

プチ衣替え

すっかり暖かくなりましたね。
着物を着ているときの温度調節は
中に重ねている下着類で対応できますので、
今日はかなり省略、着物も単の薄手のウールです。

e0134232_1457620.jpg

行李を開き今着られそうな春物を少し出しました。
薄い色の着物や、水流などが描いてある着物を何枚か。
プチ衣替えです。

e0134232_14585433.jpg













6月まで着られるこの1枚は、
裏表のドットがぴたっと合っている着物です。
物を作っている者として、見るたびにうなる一枚。

e0134232_1505118.jpg





何枚か出したので、厚手の真冬着物をしまいます。
11月までさようなら。
[PR]

by petacokimono | 2008-03-16 15:05 | 着物

200円で3枚



e0134232_11135195.jpg先日マルナンで買った一枚100円の
端切れを使って半襟を作りました。
2枚をミシンで縫って端を三つ折りにして
縫ったらもう完成!


関連記事










e0134232_1116898.jpge0134232_1123443.jpg





















切るときに一枚を3分割できることに気が付きました。
そうやって作ったのがこれ。
ア・シンメトリな半襟です。こういうのも面白いかも。


e0134232_11184341.jpg
真ん中のつなぎ目も気になりません。
かえって中心線を合わせる目安になるので便利です。
端を三つ折りにしたことで布がしっかりして
半襟を縫いつけやすくなりました。
[PR]

by petacokimono | 2008-03-07 11:24 | 着物

袖を通す

e0134232_19141662.jpg

毎日着る着物を選ぶときに
自然、手がのびる着物と
そうならない着物があります。

私の場合は汚れそうな色の薄い着物がそうです。
汚しそうでちょっとこわい。
外出するときも居酒屋にいくのはさけたいし
家の中で着るとうっかり汚してしまいそう。
そうして手を通さないまま、
衣替えの季節を迎えてしまいがちです。

着物は着て、風を通すのが一番の虫干しなので
たまにはそんな出番が少ない着物に袖を通すことにします。

この着物もデリケートな織り模様が美しい一枚です。
帯も何故か出番が少ないものを合わせてみました。
写真を撮ったら、いつものように割烹着でカバー。(笑)

e0134232_1922722.jpg
[PR]

by petacokimono | 2008-03-04 19:22 | 着物

今日の着物

e0134232_11555159.jpg

昨日の青い半襟に今日は明るい色の着物を合わせました。
なんとなく春っぽいですね。

e0134232_11534390.jpg
















骨董市で見つけたビーズの帯留めです。
すでに両端のひもが摩耗していたので、
丈夫なひもを付け足しました。
派手でこればかり目立ってしまうので
あまり出番がないのですが、
たまにはこうして使っています。
e0134232_1203978.jpg

[PR]

by petacokimono | 2008-03-01 12:02 | 着物

青い

e0134232_1158449.jpg今日のコーデイネートは

青い着物と青い半襟、青い割烹着で
青の三枚重ね。

たまにはこんな日も。
[PR]

by petacokimono | 2008-02-29 12:05 | 着物

カットクロスを使って

昨日、渋谷のマルナンに行き、仕事で使う布を物色しました。
レジ横にあったワゴンに端切れが2割引きだったのでついつい2枚購入。
カットクロスは50センチ角で一枚100円の2割引です。

さてこれで、何を作れるでしょう?
結構いろいろ作れそうですね。

私は、これを真ん中で切って細長くつなぎe0134232_11241036.jpg
半襟を作ることにしました。
縞を縦横どちらで作るときれいな襟元になるでしょうね。
タテだとすっきり、横だとかわいい感じになりそうです。
・・・、やっぱりタテに使おうかな
もう一枚の茶もきれいな半襟になりそうです。
私は青い着物が多いからピッタリです。


e0134232_11243559.jpg
[PR]

by petacokimono | 2008-02-16 11:27 | 着物

ほつれに気が付いたら

e0134232_1874068.jpg着物を洗ってアイロンをかけたら、あちこちに「ほつれ」を発見してしまいました。よくあることなんですけどね。時間があればちゃちゃっと縫ってしまうのだけどあいにく時間がない。
そんなときは「ほつれ」に付箋を貼っておきます。
こうしておけ、ほつれの場所がわかります。
シミを発見したときも同じ。でもなるべく早めのお手当を。
[PR]

by petacokimono | 2008-02-14 18:11 | 着物

今日は帯なし

e0134232_1210406.jpg
冬には着物の上に上っ張りやら
前掛けやらいろいろ着込んでしまうので、
たまに帯なしにして楽をします。
帯はあってもなくてもいいのですが、
帯がないと作業はしやすいかな。
見た目にはわからないので、家で一日
作業をする日はたまに手抜きします。
宇野千代さんも家にいらっしゃるときは、
前だけの「なんちゃって帯」にしていらっしゃったとか。(^^)

今日は日差しがあるので、写真に妙なニュアンスが出ています。
昔の写真みたい。


e0134232_1295756.jpg

上っ張りを着て、割烹着を着ると戦闘準備です。
さあ今日も張り切っていきまっしょい!


e0134232_1294459.jpg

先日載っていたアサヒの読者欄に
若いお母さんの投稿がありました。
割烹着が彼女のマイブームとか。
子供がただいまって胸に飛び込んできても
手が汚れていても割烹着を着ていると平気。
子供にも割烹着のお母さんは好評だとか。
たぶん割烹着を着ているときは汚れた手で
飛びついても大丈夫っていう「普段のお母さん
サイン」にもなっているんでしょうね。
[PR]

by petacokimono | 2008-02-14 12:09 | 着物

歌舞伎の衣装

昨日2月歌舞伎、昼の部へ行きました。
小野道風青柳硯から始まります。

小野道風(おののとうふう)、あの花札の柳の下で傘をさしている人です。
歌舞伎を見ると着物のことで発見がたくさんあります。
小野道風は歯の薄い雨下駄を履いて登場。
ぬかる道には薄い歯じゃないともたついて歩きにくかったでしょうね。
今はコンクリートがほとんどなので、薄い歯は逆に滑りやすくて
都内では特に、おすすめできないです。

黒下駄に白い鼻緒、そこに白い足袋が収まると足もとは何とも上品でした♪


e0134232_129465.jpg
e0134232_1295528.jpg

[PR]

by petacokimono | 2008-02-12 12:16 | 着物