カテゴリ:着物( 150 )

新之助上布とその仲間たち展・土曜日♪

昨日も今日も良いお天気で歩いていると
気持ちが良い春の一日。
花粉症の方には申し訳ないのですが、
毎日楽しんでいます。

毎日会場は春、そして初夏の気分に満ちていて
そうそう、これからこんなシーズンが訪れるんでしたねと
先の楽しみに思いをはせてみたり。
e0134232_1112723.jpg

布を広げて、並べて、置いて。
複数の作家が集まった展示即売の良さは
それぞれの商品のマッチングを見つけること。(^^)
お客様のご要望を一緒に、友達のように選んで楽しんでいます。
e0134232_11163260.jpg

新之助さんの反物と、梅屋さんの帯と帯揚げと、和キッチュの帯留と♪
e0134232_11164466.jpg

きゃ~すごく合う!かわいい!
そんな声が毎日響いているギャラリーーしあんです。

日曜まで開催しております。
詳しくは新之助上布とその仲間たち展ブログをご覧ください。
日曜はお楽しみ落語会イベントもあります。
まだ若干お席ございます。
希望される方はブログからお申し込みください。
[PR]

by petacokimono | 2014-03-29 11:20 | 着物

近江新之助上布とその仲間たち展

本日4日目。晴!

昨日はどんよりと肌寒い日でしたが
今日はきりっと晴!
上野の桜見物の方の熱気も風に
乗って伝わってきそうな御徒町・ギャラリーしあんです。


本日は、半襟の、半襟以外の使い方をご紹介します。
和キッチュの手刺繍半襟は自宅で洗って使えるので
どんどん使って欲しいと思っています。
半襟は襟の汚れ防止の布、いわば消耗品ですので
どうしても汚れの蓄積で黄ばみなどが落ちなくなってきます。
ちょうど布も使い込んで柔らかくなったころ、半襟を何かにリメイクしてみては?

たとえば帯揚げとして再利用してはいかがでしょうか。
この金魚の帯揚げはシルクなのですが、
引き出しにしまっていたら、部分的な色あせを生じてしまった物です。
刺繍は綺麗なのに、もったいないなあと思っていたのですが
ふとひらめいて帯揚げにしてみました。
e0134232_8383718.jpg

帯揚げにするには短いんですよね。
ですから布を足すことに。
半襟を切って帯枕にあたるところに20㎝ほど布を足して縫います。。
e0134232_8411347.jpg

帯揚げの処理として綺麗に折るのが苦手なので
両端が絶対出ないように筒状に縫ってしまいました。
e0134232_8425976.jpg

枕の部分だけは筒状になっていないので、枕を上から包むように布をかぶせます。
あとは前に回して、綺麗に刺繍がでるように収めて。
e0134232_845166.jpg

輪ゴムでとめて、一方を後ろから前に出して結び目にかぶせます。
e0134232_846537.jpg

綺麗に整えて、帯に突っ込んで完成。
e0134232_8464669.jpg

刺繍の帯揚げって豪華で新鮮です♪
e0134232_8472539.jpg



では本日も張り切って行ってきます!


★ビール好きの貴方に★
しゅわしゅわーとビールの泡半襟と
e0134232_848980.jpg

下駄のセットはいかがですか?
e0134232_8485636.jpg

お花見に、ビヤガーデンに。飲み会に、女子会に♪
人目引くこと間違いなし!
小倉染色図案工房さんと新之助上布のコラボ商品。あります!

★素敵色、新作梅屋の虹色半幅帯★
30センチごとに織り色を変えるというあり得ない技を繰り出した親方の自信作!
どの部分を出すかで、無縁の可能性アリの1本。追加生産なしの貴重な品です。
どうぞお見逃しなく!
e0134232_8522934.jpg


近江 新之助上布とその仲間達展
本日もギャラリーしあんにてお待ちしております。
http://www.siang.jp/
[PR]

by petacokimono | 2014-03-28 08:53 | 着物

近江新之助上布とその仲間たち展・三日目

御徒町の古民家で、近江 新之助上布の
美しい布に囲まれてすごしています。
本日は夕方からおりますので、
良かったら遊びにいらしてくださいね。

e0134232_8392571.jpg


「ぺたこの部屋」となった一角。
e0134232_8394419.jpg

落ち着くスペースに可愛いものがぎっしり!
e0134232_840325.jpg

今回は盛り盛りでお届けする仲間たち展です。
e0134232_8401867.jpg

是非見てほしいものたくさんあります。
梅屋さんとのコラボの織り糸で表現したグラデーションはすばらしかったです。
新之助上布の新作、達横糸を変えた無地は玉虫の不思議色。
見る角度や向き、お天気で色が変わって見える。
特に黄緑色の一反は、ほ、欲しい!

e0134232_8403030.jpg

玉虫工房さんの商品、たいへんお値打ちです。
ぜひ確かめに来てください。

昨日は百夜月さんの琵琶と尺八のライブ。
桜咲く春の夜に広がる幽玄の世界を楽しみました。
演奏後にいろいろお話したのが面白かった。
着物も古い楽器も曲も、同じ日本の中で
培われてきたものだなあと再認識しました。
奏者お二人が気さくで素敵だったので、
琵琶や尺八の垣根が身近な物になりました。

榎本百香さんと川俣夜山さん、
お二人が着ているお洋服は
新之助上布で作られたものです。

e0134232_8413426.jpg


では今日も行ってきます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0134232_8515989.jpg


「近江 新之助上布とその仲間たち」展


2014年3月25日(火)~3月30日(日)
12:00~19:00(ライブイベント開催のため 26日は一般入場16:00 最終日は16:30まで)


今年もやります!大西新之助商店最大のお祭り!

新之助上布を愛する若いクリエイターの仲間たちと、ギャラリーしあんに集います!
職人大西實も、元気に参上。みなさまとの出会いを楽しみにしております。

新之助上布とのコラボレーション商品を持ち寄り集います。
「 新之助上布×若いクリエイター」は、去年からどんな進化を見せるのでしょう?

★新之助上布も、若さに巻けないよう今年の新作を中心にふんだんに取り揃えています!


<出展者>

大西新之助商店 、小倉染色図案工房(型染作家 小倉充子)、モダン着物小物 梅屋
和キッチュ、はじめてのきもの小梅、こころや、玉虫工房
※順不同


<会場>

ギャラリーしあん
御徒町の町中にある古民家のギャラリーです。

東京都台東区東上野1-3-2 Tel 03-5812-3632
都営地下鉄大江戸線(つくばエクスプレス)「新御徒町」A1出口 徒歩約2分
[PR]

by petacokimono | 2014-03-27 08:51 | 着物

アクセントとなるスパイスは?

e0134232_102332.jpg

今日は寒いですが、この数日の暖かさで
ジャガイモの芽が大きくなりそうだったので
あわてて調理。(と言っても私は言う人。作るのはパンジャ)

ジャガイモに使ったハーブは南仏のハーブミックス。
ふしぎなもので、そのハーブを使って調理したチキンもジャガイモも
ワインにぴったりの風味となります。

ごま油と日本の醤油を使うと日本酒、
ごま油と中国の醤油を使うと紹興酒。
スパイスや調味料で全体の流れが変わるのでなかなか侮れない。

実は半衿もそんな侮れないスパイスです。
様々な色や素材の布を使って、着物という素材を変える。
行く場所、時間によって何気なく風味を変える。

そんな楽しみがスパイスにはあります。

和キッチュの手刺繍半衿はベトナムの農家の村で作っています。
牧歌的な要素を大切に、システム化された工場や大企業が作る半衿と違い、
その刺しているときの空気感などを一緒に布に写したような。
どこかホッとする、昭和の時代にあった時間の流れのような。
そんな一枚をお届けしています。
e0134232_1030579.jpg

e0134232_10313791.jpg
e0134232_10312019.jpg


ベトナムで調達不可能なバイヤス半衿や、古布を使った半衿など
ぺたこの「私が使ってみたい半衿」も順次ご提案しています。
半衿として使ったあとの、ちょっと古くなった布を使って作る帯揚げなど
着物を楽しむアイデアもご紹介していきます。

和キッチュ
http://www.wakitsch.com/

[PR]

by petacokimono | 2014-03-20 10:36 | 着物

美味しそうな花見団子の色でバイヤス半衿作りました。

和キッチュで密かな人気のバイヤス半衿。
色無地で、バイヤスで、端の処理が綺麗なロックをかけた、
おまけにお値段安い人気商品です。

春の色3色そろえました。
使いやすいアイボリー
e0134232_1653461.jpg

※レースは商品に含みません。

肌の色が綺麗にみえる嬉しいオトナのピンク色。
e0134232_16543343.jpg


春らしい緑はこれ。若芽色。
e0134232_1655742.jpg


花見団子の黄緑、白、ピンクでもあり、菱餅の黄緑、白、ピンクでもあります。
春の楽しみ3色。

布を求めて手芸屋さんをはしごして、ようやく決めたこの三色。
織りの感じ、色の感じがなかなか良い色がなくて、ようやく決めたこの3色です。
織りの関係で、少し薄い茶の点々や数ミリの線があるところもありますが、ご容赦。
e0134232_1658878.jpg

和キッチュで本日販売開始しました。
e0134232_16584435.jpg

e0134232_1704065.jpg

e0134232_1705797.jpg


綿100% 日本製

和キッチュ
[PR]

by petacokimono | 2014-03-16 16:59 | 着物

3月17日はみどりの日、聖パトリックday

3月17日、セントパトリックデイは別名みどりの日。
たまたまこの日にNYに滞在していたことがありました。
街中の人が緑色の服や小物何かしらに緑色を付けていて、
これは何?どしたの?と思いながらも、どこもかしこも
長い冬が終わって訪れた春を祝っている、そんな
雰囲気が充満して私まで幸せな気持ちになりました。

たまたま、私も緑色のブラウスを着ていたのも幸い。

そんなことを思い出しながら、本日はたまたま
緑色の多い組みあわせとなっています。

e0134232_1135437.jpg


今日は柳に燕の半衿です。
e0134232_1135474.jpg

ふと思いついて、タンポポの帯留を
後ろに回してアクセントにしてみました。
e0134232_11373413.jpg

じゃらじゃら付き。これは取り外しが出来るので
帯留として使うときには外してもいいし、
中心からすこし外した位置に付けても面白いと思います。
e0134232_11361530.jpg

タンポポの葉っぱに見立てて作っています。
e0134232_11401185.jpg

e0134232_11392250.jpg


和キッチュで販売しているタンポポの半衿と一緒に付けて
春爛漫コーデも出来ますね。
e0134232_1141279.jpg

この帯留は本日和キッチュにアップ予定です。
1時くらいにはアップできると思いますので
良かったらご覧になってくださいね。

和キッチュ
[PR]

by petacokimono | 2014-03-15 11:42 | 着物

2枚のチョイス半衿

昨日まではバッカスの緑色半衿を付けていました。
e0134232_18231392.jpg

渋い縞の木綿着物に衿だけ華やか。
中の1色を帯色に選びました。

今日はこの2枚を選んで半襟付け。
e0134232_18193265.jpg

e0134232_18195284.jpg


洗ったシワのある半衿を付けて
付けたあとにアイロンをかけるという
新たな(手抜き)技を確立しました。(笑)

春の気分一杯の2枚。


燕の半衿、この色は昨年、完売してしまいましたが
新しくターコイズ色が入りました。
http://www.wakitsch.com/

3月末のイベントで販売しますが
ウエブでも少しだけ販売します。

本日19時頃にアップします。

和キッチュ
[PR]

by petacokimono | 2014-03-14 18:25 | 着物

花を飾る

春になると、フラワーショップは白や黄色など
かわいらしい花々で賑やかになり、
1つ2つと家に連れて帰りたくなります。

ミモザの黄色、デージーの白、スイトピーの薄緑がかった白い花びら。
今年も会えたね、春が来たねと嬉しくなります。

着ている物も白っぽい明るい色に。
コートも黒いものから白いものに。
分厚いストールも軽やかで風をはらむ素材に。
少しずつ着ている物を変えて季節を実感する
そんな早春の楽しみ。

透明感のあるレジンに花のモチーフを閉じ込めた帯留は
ポチッと春の日が差したようです。
e0134232_1840635.jpg

レジンの中に様々な形、色を閉じ込めるのが楽しくて
青やオレンジや、緑や黒など、使う絵の具の色によって
出来上がりの帯留めの持つ雰囲気が変わります。

今の季節だったら、このオレンジ。
e0134232_18482955.jpg

温かな太陽の日射し、ビタミンのように降り注ぐオレンジ。
e0134232_18492033.jpg


「デコフラワーズ・シリーズ」、ひさびさに和キッチュにアップしました。

コチラ

もう一つ、金魚
e0134232_18515091.jpg

e0134232_1852631.jpg

金魚モチーフ、好きなんですよねえ。(^^)

フラワーも金魚も和キッチュで発売中です。
[PR]

by petacokimono | 2014-03-13 18:53 | 着物

落雁と季節の会~春~の動画作りました。



使い方が慣れないので、手始めバーション。
もう一つ作ります。近日公開予定!(^^)
[PR]

by petacokimono | 2014-03-09 13:26 | 着物

雪国へ手仕事を訪ねて

今年の1月から隔月で全国各地の手仕事を訪ね、
体験し、イラストでルポするお仕事をしています。
1月の山形に続き第二弾は、長野の新井へ「スゲ細工」を訪ねて。
信越本線に乗るのも、豪雪地帯に着物で行くのも初めてです。

電車は降りる人が手で開けるのね。
改札のガラス戸も自分で開けて、切符は箱に入れるの。(^^)
e0134232_12232575.jpg

スキー場の中を電車が走るみたいで、とても不思議な気分でした。

沢山スケッチして写真撮って。
さて、どんな風にまとめようかな。 
e0134232_12292658.jpg


手仕事が好きで、手仕事をしている人の元に行き
話を聞いて、習って、見てきたことを伝える。
ずっと前からこんなお仕事がしたかったんです。
ようやく夢が叶いました。

感謝!
[PR]

by petacokimono | 2014-03-06 12:30 | 着物