<   2008年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

短いマフラー

今日は寒い!e0134232_1727688.jpg
皆さん冬物を早くもクリーニングに
出してしまった、なんてことはないですか?
思えばこの時期、こんな花冷えの日があるんですよね~。

着物は暖かいけど、袖や襟などはやはり寒い。
その部分をカバーしないとね。
マフラーをぐるぐる巻いてみます。
でも首が亀みたいでなんだかヘン。
若いときにかわいいスタイルと、
年を重ねてからのスタイルって、やっぱりあります。

洋服用のマフラーは巻いて垂らすように、
長めに作ってあるのですね。
道中着にマフラーを普通に巻いて垂らすのはOK♪

問題は家の中。

すっきり着られるように、
思い切ってマフラーを短くしてみました。

e0134232_17274111.jpg適当な長さにカットして、
反対側にも房をつけました。
ブローチで留めます。

これで首周りがすっきり&暖かくなりました。









e0134232_17303235.jpg

[PR]

by petacokimono | 2008-03-31 17:31 | 着物

七つ道具箱

e0134232_12955100.jpg


e0134232_12112785.jpgコンパクトな七つ道具ケース、さっそく作りました。
お財布くらいの大きさです。
開けるとまず、口紅とリップクリーム。



e0134232_12114272.jpgそれから手鏡。













e0134232_12135628.jpgさらに広げると
















e0134232_12154128.jpg黒ヒモ、裁縫道具、
アーミーナイフ、バンドエイド、
拡大鏡が入っています。















糸巻きに黒糸が巻いてあります。
白糸も必要なのでいずれ追加します。
黒ヒモは鼻緒が抜けたときや、いざというときたすき掛けにできます。

e0134232_12273172.jpg


紐を解くと中に針と安全ピンと、糸通し。
e0134232_12285678.jpg


e0134232_12294149.jpg拡大鏡も最近の必要装備です。

小さなアーミーナイフですが、はさみ、ナイフ、爪ヤスリ、
ボールペン、とげ抜き、プラスとマイナスドライバー、
栓抜きの8アイテム。頼もしいわあ。

このサイズだったらカバンにも、帯にも挟めますね。
[PR]

by petacokimono | 2008-03-28 12:37 | ハンドメイド

カバンの中身

e0134232_12123387.jpg3月25日の朝日新聞朝刊に入っていたタブロイド判
広告の記事"What's in your bag?"
が興味深かった。
NYに住む現代女性のカバンは、
だんだん大きくなっている傾向があり
いまや平均4~5キロの物を持ち運んでいるんだとか。

気になる中身は携帯電話(日本の物よりも
大きく重量もあるらしい)、化粧品、
水のボトル、ジムやエクササイズのウエア
財布、キーホルダー、ipod、サングラス。これが標準装備。

加えてオプションで、ノートパソコン、書類、
ハードカバーや雑誌、スケジュール帳などなど。
中身だけで4~5キロ、これにカバン本体の重さが加わります。
記事によると1000ドル以上のブランドバックの
平均的な重さは2キロ弱。(ホント?)
これは持っていないから、確かめられないけれど。(笑)

実際に使うのは持っている物の50パーセントほど。

カバンが大きくなると荷物が増えるって、ありますね。e0134232_1231778.jpg

私も大きなカバンが好きで、晴れてる日に折りたたみ傘を
持ち歩いてしまったり、なくしたと思っていた物を
鞄のすみから発見したこともあります。こまったもんです。

着物で外出するときは、裾を持ったり袖口に添えたり
右手を空けておきたいもの。
だから荷物は出来るだけコンパクトにしたいですね。
時々カバンの中身を点検して、必要な物と量を確認します。

持ち物を並べてみていたら
ちょっと良いこと思いついちゃった。
コンパクトな七つ道具入れを作ってみようかな。


参照記事 "What's in your bag?" text by Yoko Akiyama
Photography by AFLO /Woman@BUSINESS
[PR]

by petacokimono | 2008-03-27 12:37 | 着物でお出かけ

割烹着の袖口

e0134232_15132514.jpg割烹着の袖は作業がしやすいように
すぼまっていて、中にゴムが通っています。
だんだん緩くなってくるので、たまにゴムを取り替えます。
一カ所ゴムの入り口があるので
そこからゴムを出し、ゴム通しを使って
新しいゴムを入れて結びます。

最近の衣料はウエスト部分のゴムがミシンで
布に縫いつけてあり交換不可能の構造に
なっている物も多いですね。
布はちゃんとしているのに、買い換えるしかない。
もったいないですね。

e0134232_15194665.jpg


これがゴム通し。
裁縫道具の中で特に好きな物の一つ。

若い人は知ってますか?
[PR]

by petacokimono | 2008-03-26 15:23 | 着物

緩くなった鼻緒を直す

e0134232_1191815.jpg緩くなってしまった鼻緒、
そのまま履いていたら体に負担がかかってしまいました。
なんだか今日は筋肉痛です。
ちょっとした不具合は体の意外な場所に
負担をかけていることがあるようです。

草履の仕組みは単純なので
誰でも鼻緒の調整は出来ます。
用意するのはペンチとホチキス。
(出来れば大型ホチキス)

e0134232_1153496.jpgまず草履の底のホチキスをはずします。












e0134232_11152197.jpg中に紐があるので結び目をはずし
引っ張って「つぼ」の長さを調節します。










e0134232_11161612.jpg元通り固く結び、蓋をしてホチキスで留めます。















e0134232_11164224.jpg右が調節した草履です。短くなったでしょう?

コツはつぼを短くした後に作る結び目。
これが緩いとまた鼻緒がのびます。
ゆるまないようにナットをかませるのも手です。
この草履には押さえ用の針金が入っていましたので
臨機応変に塩梅しましょう。


大型ホチキスがない時には
最初に取った金具をそのまま戻します。

e0134232_1316474.jpg


※関連記事
鼻緒を作る  
出先で鼻緒が抜けた!
[PR]

by petacokimono | 2008-03-24 11:26 | 着物

頂き物

e0134232_14252595.jpgブログで知り合った千兵衛さんから郵便が届きました。
開けてみると、手ぬぐい!
手ぬぐいって挨拶代わりに頂くことがありますね。
反物をカットしたものですが
ハンカチ代わりにしたり、塵払いにしたり
風呂敷のようにすることもあるし、
そうそう噺家さんの手ぬぐいを
浴衣にしている方を見かけたこともあります。(^^)

千兵衛さんの名前の入った手ぬぐいの絵柄は蓮根。
見通しが良いようにという縁起物です。
シンプルで素敵。


千兵衛さんのブログはこちらからどうぞ
[PR]

by petacokimono | 2008-03-23 14:29

着物をほどく

e0134232_1552275.jpg昨年の夏にたびたび着ていた着物は
よく見ると裾がほころびて
あちこち痛みも発見。

着物生活、初の「着物ほどき」。

糸切りでどんどん解体していくと
一枚の布の束に戻りました。
縫う場所によって糸目の間隔が
大きかったり細かかったり。
昔の着物は、ほどきやすさを考えて
ざくざくと縫ってあるのかもしれない。
以前読んだ本に、「奉公先から戻り、
明日のお祭りに着るハレの着物を一晩で縫う」
という記述を見かけたことがあります。
強くしたい部分は細かく、あとは大きく縫うなどの
塩梅がされていたようです。

義母が着やすいように自分で付けたのか、
背に謎のタックも入っていました。
この布で襦袢のようなものを作る予定です。
麻だから夏場サラッと着られそうです。

●  ●  ●  ●  ●  ●


正月明けに亡くなった姉の着物を
大量に引き受けて、そのメンテナンスをどうするか。
今まで姉がしてくれていた着物の手入れや解れなどを、
今度が自分で何とかする番です。

手始めに一冊の本を購入しました。
「着物の仕立て方~野村辰雄」

まずはこの本を見ながらお勉強です。
[PR]

by petacokimono | 2008-03-22 15:18 | 着物

着心地の良さ

e0134232_11121350.jpgここ数日、日頃着ていないと思われる
着物を中心に選んで袖を通しています。

今日は大島。
ハリがあり(すぎて)パリッとしています。
大島は着やすいと聞きますが、
これは今ひとつ。突っ張ってる感じがします。
生地が良い具合になじみ着やすくなるまでには
何度も袖を通し、時間を要するのかもしれません。
作業着として当分集中的に着てみようかしら。


e0134232_11172898.jpg







それにしても、
黒地のなかにぽつぽつと
葉っぱの織りを入れる。
これを作るのは大変だったでしょうね。
[PR]

by petacokimono | 2008-03-21 11:20 | 着物

種まき

e0134232_16341699.jpg
庭の野菜達はこのところの日差しで
急に生育がよくなり、毎日のように
その恵みをお裾分けしてくれます。

そろそろ春野菜の種まきです。
仕事をしていても
それが気になって気になって。(笑)

仕事机に苗床を置き
今日はルッコラと茎ブロッコリーを蒔きました。
当分仕事部屋で管理して、芽が出るのを楽しみに。
[PR]

by petacokimono | 2008-03-19 16:38 |

足袋の型紙

数年前に義母から頂いた足袋は
ピッタリと足にあって気持ちが良い。
元は裏方の方が作業するときに
履いていたものだそうで、
この足袋を作った足袋屋さんは廃業、
今では手に入りません。
色はあせ、ボロボロになっても
捨てられず取っておいたのです。

e0134232_1591520.jpg暮らしの手帳13号(2004・・05)を見ると、
足袋の作り方が載っています。
以前、この記事をお手本に
足袋を作ってみたのですが、
ぶかぶかであまり上手に
出来ませんでした。

戦時中、母も足袋を作ったことが
あると言っていました。
手の器用な母が「足袋は難しい」と
言っているので、やはり足袋作りは
難しいのでしょうね。


e0134232_15134220.jpg

でも作ってみたい!(笑)
とりあえずその日のために
この足袋から型紙を取ることにしました。

糸をばらして広げます。

アイロンをかけて、厚紙に輪郭線を付け、
はさみで切り抜きます。
型紙が出来ました。

e0134232_15153463.jpg















e0134232_15161725.jpg暮らしの手帖の型紙と比べてみると
だいぶ違いますね。
特に4本指の方。とがってます!


e0134232_15181469.jpg


足を包む部分の型紙もほっそりしています。
ナルホド、これで足にピッタリだったんだ。

みなさんも、足にピッタリの足袋があったら
その足袋から型紙を取っておくことをお勧めします♪
[PR]

by petacokimono | 2008-03-16 15:20 | 着物