<   2008年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

アイロンを買う

毎日使う物の一つにアイロンがある。
アイロンがけが面倒という人が多いけれど、
アイロンがけスペースを作り、アイロン台とアイロンを用意しておく。
いつも使える状態にしてあれば案外ストレスがない。

そのアイロンが数日前から不調。
ランプが点灯せず、コンセントを握ると熱い。断線をおこした。
メーカーに問い合わせ修理も考えたが、毎日使う物なので
無い状態の日を作りたくない。ゆえに10年ぶりにアイロンを買い換えることにした。

調べてみると、今のはやりは小型、ダイヤルではなくボタン式らしい。
値段は1万前後。あるネットサイトを見ると三洋電機が一番人気、ナショナル、東芝と続く。
不思議なのは外観はほぼ同じ。型を作る会社が一緒なのか
後から続く会社が真似するのか。
ネットで買ても良いのだが、実際に持った感じも大切だし送料もかかるので
大型電気店に買いに行った。


家電売り場の隅にアイロンコーナーがあった。
値段は980円(!)から17000円くらいまで。
980円のアイロンも17000円のアイロンと見た目はさほど変わらない。
店員の説明を聞き、値段の差から生ずる製品の差を考慮して、
ほどほどの値段の物を買ったのだが、
気になる980円のアイロンの使い勝手も試してみたかったな。
e0134232_13311229.jpg

これが買ったアイロンです。
e0134232_13482191.jpg

小さいけどほどほどに重い。
適度な重さがアイロン掛けには必要。
e0134232_13493254.jpg

前アイロンと比較、こんなに大きさが違う。
e0134232_1350945.jpg

そういえば、洗濯屋さんのアイロンも小さめ。
小回りが効いて良いかもしれない。
e0134232_13515045.jpg

新アイロンには一定時間使わないと、自動的に切れる装置あり。
これは便利。何度外出先から冷や汗かいて戻ったことか。
今日から、その心配から解放されそう。

使用感は、小さいことで小回りがきく。
滑りが良いので生地がつれることがなく、新たなシワを付ける心配がない。
最初の充電が早い。台からはずして一度にかける目安が2分とのことだったが
2分で充分。使用後に中に多少水滴が残っていても良いそうで、それもうれしい。
[PR]

by petacokimono | 2008-08-28 14:02

簪の金具

かわいいボタンやトンボ玉を見つけたら簪にしてみませんか?
ユザワヤに行くと↓のような金具を売っています。
e0134232_13145764.jpg

ボタンや金具を針金に通し、先を曲げるだけでかんざし完成!
e0134232_13171229.jpg

塗り箸の先に取り付けるのもイイですね。
先をカットして削り、ボンドを塗ってボタンやトンボ玉を差し込みます。



ベランダのキュウリが突然ダウン。
何故か理由はわかりませんが、きっとキュウリにはキュウリの都合があったのでしょう。
植物を育てていると、うまくいっていたのに突然ダメになることがよくあります。
そのときはあまり気にしません。なにか都合があるのでしょう、きっと。

次のキュウリ苗のスタンバイもできました。
e0134232_13191726.jpg

さて、これは何の種かわかりますか?(^^)
e0134232_13225582.jpg

e0134232_13242455.jpg

こんなに小さい種。これがあんなに大きくなるのかなあ。
[PR]

by petacokimono | 2008-08-28 13:24

カエルのがま口

占い雑誌、月刊恋運暦に連載中のぺたこさんのハッピーアイテム。
8月売り9月号ではカエルを取り上げました。

毎回何かを作って作り方を紹介するのですが
今回のカエルはがま口にしてみました。

e0134232_11472482.jpg

ちりめんで作り、口の部分を金具にして。
e0134232_1148656.jpg

開けるとこんな感じ。

いつもカバンに入れています。
カエルの中身はグリーンキャンデイ。
包み紙はカエルが食べます。(笑)
e0134232_11492719.jpg

ベランダ野菜もつやつやと元気です。
今日は空芯菜をいただきます。

ニンニク&松の実と一緒に炒めようかな。
[PR]

by petacokimono | 2008-08-21 11:51

収穫数

e0134232_1138661.jpg

今日は涼しくて、冷房から解放されました。
セミが鳴いていますが、じつは昨夜から虫の音が聞こえ始め、
メコン川のように異なる2つの季節が混ざり合っているようです。

さて、夏野菜の収穫数を記録してきましたが
ここで中間報告を発表します。(^^)

ズッキーニ2本
マイクロトマト34房
トマト42個 
バジル10杯(ボウル) 
カリフラワー8個
ニガウリ8本
紫蘇171枚 
茗荷23個 
キュウリ2本 
モロヘイヤ1束 
茄子4個
シシピー297本
インゲン247本



シシピー、インゲンは大収穫でしたね。
シシピーの収穫はまだ続いています。
ズッキーニとキュウリは期待はずれでしたね。(^^;)
茄子、モロヘイヤ、空芯菜はこれからの収穫量に期待です。
[PR]

by petacokimono | 2008-08-17 11:49 | 半農・半X

種まき

暑さの中、3週間後に活躍する野菜の種まきです。

蒔いたのはサラダミックス、ルッコラ、大根、ミニ白菜、
ほうれん草、小松菜、・・・蕪も蒔いたかな?
e0134232_1336855.jpg

一日で発芽。これは驚いた。
e0134232_13362140.jpg

テイッシュを持ち上げています。
e0134232_1336328.jpg

菜花とキュウリ。
e0134232_13364486.jpg


一日の液肥消費は約20リットル。水運びの日々。
[PR]

by petacokimono | 2008-08-16 13:42 | 半農・半X

今日の雑記

ニガウリ、数えると小さいのを入れて12本。
毎日水やりは欠かせません。
暑い日差しに葉が下を向いているけれど
夕方日が陰ると持ち直す。その繰り返しで12本の実を育てています。
今年は台風が来ないのもニガウリが順調な理由の一つ。
e0134232_1628977.jpg

汗を拭くのに具合が良いタオルを愛用しています。
それは高価なハンカチじゃなくて2枚100円のお手ふき。
気軽さもあるけど肌触りも柔らかく、とっさの時に
使い捨ても出来る気軽さ、重宝しています。
e0134232_16283462.jpg

窓のインゲンが上まで達しました。夏の終わりに間に合うか?緑のカーテン。
e0134232_1628572.jpg

[PR]

by petacokimono | 2008-08-15 16:34

洗濯

e0134232_16243015.jpg

汗をかく季節です。傷むとわかっていても
どうしても着物を洗いたくなってしまう。
たたんで押し洗い、3分の脱水、物干しにまっすぐに袖を通して干す。
2時間もあれば乾いてしまう。干す時に手アイロンかればシワもありません。
これで又気持ちよく着られます。

しかし毎日、ほんとに暑いです。
[PR]

by petacokimono | 2008-08-15 16:27 | 着物

小袖展

毎日暑いですが、夏はイベントが盛りだくさん。
その中でもこれは行かねばというのが
小袖~江戸のオートクチュール展~。
松坂屋京都染織参考館の名品、初公開です。

江戸時代の模様や色など衣装を凝らした小袖は
まとうと言うより見せることを重視した衣装です。
今回の展覧会は2008年7月26日から9月21日まで開催、
前期、中期、後期のうち今は中期を開催中。
途中一部展示替えがあるので後期も逃さず観に行きたいと思います。
e0134232_13305370.jpg

(写真は歌舞伎美人だよりページ部分)
ここに載っているツバメの小袖は残念ながら前期に展示。
中期では観ることが出来ませんでした~。残念!
e0134232_1333815.jpg

白地に藍色の庭園模様の小袖は今展示中です。
これは涼しげでとても手のかかった一品で、
展示に工夫があり、裏表観ることが出来ました。

小袖を仕立て直して柄が続かなくなっているものや
袈裟に作り替えたり、寸を足して(剥ぎを入れて)作り直していたり。
袖の長さを足すために縫い目の上に刺繍を施していたり、
一枚の着物が長く愛されていた様子がうかがえます。
もし会場に行かれる方はイヤホンガイド(500円)を使うと、
より深く観賞できると思います。

着物を着ていくと300円引き!
皆様ぜひお着物で。会場は冷房が効いていて寒いですよ。
e0134232_13495721.jpg


e0134232_13374195.jpg

今回の展覧会情報は歌舞伎座で配っているフリーペーパーの
「歌舞伎人だより」に載っていたものです。
わずか12ページのマガジンながら、読みどころがあって奥が深い。
たとえば表紙の美しい朝顔。
これは8月の花を紹介しているページです。
アレンジメントが「野の花司」というのも銀座テイストを感じます。
野の花司は、あの空也の最中が味わえる喫茶部があるんですよね♪
朝顔つながりで、歌舞伎の衣装「助六」の中の朝顔仙平の
衣装も併せて紹介しています。
江戸時代には朝顔栽培が人気、ということもフォロー。
そして朝顔には別名が付いていて、それは「牽牛花」。
七夕の牽牛・織姫の連想で織姫星を「朝顔姫」とも呼ぶのだとか。
今年の陰暦7月7日は8月7日にあたります。
朝顔、七夕を8月に紹介するのもうなずけます。

他にも「富樫佳織の感客道」タレント濱口優の歌舞伎鑑賞の視点に注目。
歌舞伎にオチを探してしまうのも習性というあたりナルホド。
「歌舞伎を支える仕事」も、普段観られないかつらの制作現場を紹介しています。
かつらと黒砂糖、白玉に深い関係があろうとは、目から鱗です。
詳しくは歌舞伎人だよりをごらんくださいませ。(^^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
小袖  江戸のオートクチュール
2008年7月26日(土)~9月21日(日)  休館日・火曜日


前期・7月26日(土)~8月11日(月)
中期・8月13日(水)~9月1日(月)
後期・9月3日(水)~9月21日(日)

開館時間   日・月・祝日=10時~18時
            水~土=10時~20時
          ※いずれも最終入館は閉館の30分前

入館料     一般1300円
       大高校生1000円
       中学生以下無料

場所  サントリー美術館
     六本木・東京ミッドタウン・ガレリア3階

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by petacokimono | 2008-08-15 14:12 | 着物

暑さに負けない野菜たち

e0134232_1552559.jpg

モロヘイヤと空芯菜はどんなに日差しがきつくても全然平気なんですね。
反対にぐったりしている野菜もあって、それぞれの個性を感じます。
e0134232_1553463.jpg

茄子の肌はどうしてこんなにツルツルとしているんでしょう?
e0134232_15543219.jpg

この丸茄子は糠漬けに向いているのだそうです。もうすぐですね。
笑っているような、茄子です。
[PR]

by petacokimono | 2008-08-12 15:56 | 半農・半X

ズッキーニ処分!

昨日ズッキーニを処分しました。
今回はうまくいくかな?と期待したのですがダメでした。
原因はスペース。それから梅雨時期にかかったうどん粉病。
ズッキーニの葉の表面には小さなとげがいっぱいあって、
「触らないで」といつも言っていたような気がする。
ベランダでは無理な子でした。
今度は大きなスペース(直径1メートル)を確保して育ててみます。

ネットで調べると元気なズッキーニは
うちのと比べて3倍以上大きかった!
ズッキーニを育てている方のブログを拝見すると、
ズッキーニがドドンとベランダの中央をふさいでいる写真がアップされていたり、
とげが痛い、雄花雌花の咲くタイミングが合わないなどなど。
皆さん苦労なさっているご様子。
e0134232_1357226.jpg


ズッキーニは発芽には30度、生育には25度から30度の温度が必要。
多湿に弱い。とすると発芽後に梅雨時期をすごせば、
うどん粉病にかかるわけですね。
ならば今から湿度の低くなる秋に向けて育てれば、もしかするとうまくいく?
どうでしょうね?わくわく。
[PR]

by petacokimono | 2008-08-11 14:07 | 半農・半X