<   2009年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

コンサート

毎月お勉強として通っているのは
歌舞伎と落語研究会。
注目の演目でも、苦手な演目でも
毎月昼夜の部を見、一緒に行ったパンジャと
1月から歌舞伎デビューをした友人と
飲み屋で話す、話す、話す。(^^)

そのほかに出かけるのは、コンサートと舞台。
今年に入ってから目白押しで、かなりスケジュールがタイトでした。
それは、パンジャの定点観測のターゲット(笑)である
ジェフベックが来日していたからです。

しかし、コンサート。
今に至る経歴、今回の見所、そしてバックボーンを
知っているのと知らないのとでは、楽しみの深さに雲泥の差アリ。
かれこれ30年以上になるジェフベックを見続けて(聴き続けて)いる
パンジャはその辺の所を語ると止まらない。
歌舞伎の助けとしてかなり重宝な「イヤホンガイド」のような
ナビゲーターがいる幸せを感じております。

ご興味ありましたら、ベックツアーに行った
パンジャのブログなどご覧いただけると、その熱さがちょっと伝わるかと。
e0134232_11273913.jpg

ミュージシャンも、歌舞伎も落語も
見続けることで、面白みが深くなるんですねえ。
[PR]

by petacokimono | 2009-02-27 11:29 | 着物でお出かけ

途中の美

作り物の仕事をするとき、試作を繰り返す。
いろいろ試して、うまくいくときもあれば失敗することもある。
失敗した物の中には、次に活かせそうな小さな尻尾がある。
その次は、その尻尾をもとに試作を広げる。
その繰り返し。
仕上がった時には見えない制作途中に
とても美しい瞬間があって、わたしはただただ見とれてしまう。

e0134232_11583044.jpg

e0134232_1231271.jpg


職人の手技に見とれる子供のように。
[PR]

by petacokimono | 2009-02-23 12:03 | ハンドメイド

考える

掲載紙が届きました。
毎年色々な教科書のお仕事を頂いて、絵を描いています。
これは「みんなで生き方を考える道徳」日本標準・刊
e0134232_1425326.jpg

「両立ってなんだろう」というタイトル。
女の子が勉強と部活両方は大変だけど折り合いを付けていく・・・、という原稿に絵を添えました。
今の教科書は絵も写真も豊富でカラーページも沢山あって
私が子供の頃とは全然違いますね。(^^)

● ● ● ● ●

ページをめくると「無言館」も載っていました。
長野県にある無言館には、第二次世界大戦で戦死した40名の画学生の
遺作、遺品を展示しています。
教科書に紹介されている絵に驚きます。
とても上手で、才能と可能性を感じます。
e0134232_14303819.jpg

もし彼らが生きていたらどんな人生を送り
どのような絵を紡ぎ出していたのだろう?
30前後で亡くなった彼らの死を悲しみます。

大好きな歌舞伎役者だった中村又五郎さんの訃報を、
昨夜遅く帰宅し、夕刊を広げて知りました。
名脇役として欠かせない役者さんでした。
中村吉右衛門さんの鬼平シリーズでもおなじみです。
最後の舞台は5年前に歌舞伎座で上演された「今昔桃太郎」。
半世紀前の中村勘三郎初舞台と同じ戌のお役でした。
上品なお姿で、いらっしゃるだけでまわりの空気が柔らかくなるような。
享年94歳。

94年にわたる又五郎さんの人生は、歌舞伎の芸と
向かい合った、濃く充実したものであったのではないかと想像します。

時間を注ぎ打ち込めるものに出会えるのはとても幸運なこと。
一つの物を追求し紡いでいくには途方もない時間がかかり、
人の一生に用意された時間は限りがあります。
無言館の画学生がもし生きていたら、
ちょうど又五郎さんと同じくらいの年でしょうか。
たくさんの絵を描き、毎日を楽しんでいたでしょうか。

10年以上前のこと、銀座路上でお声をかけたら、
気軽に一緒に写真も撮ってくださった。
今こうして残る一枚は宝物です。

e0134232_14485129.jpg


中村又五郎さん、ありがとうございました。
[PR]

by petacokimono | 2009-02-22 14:56 | イラストレーション

落語に行きませんか?

鈴本3月上席の主任は柳家さん喬師匠です。

今回はなんと!3月の鈴本演芸場の特別ご優待券があります♪
e0134232_12521471.jpg


テーブルトークのHPにある画像(優待券)をプリントアウトして
鈴本にお持ちくださればお得な料金で入場できますよ。
こいつは春から縁起がいいわい~(^^)


皆様お誘い合わせの上、上野鈴本演芸場へ。
よろしくお願いいたします。

アドレスはこちら

ホームページ、ちょこちょこ作っていましたが
ようやくほぼ完成しました!
[PR]

by petacokimono | 2009-02-20 12:52 | お知らせ

干し大根

e0134232_13552892.jpg

冬の晴れた日は干し物の仕上がりが良い感じ。
透き通る大根に走る繊維がきれい。
こういう自然の造形美って真似できないと思います。

出汁、醤油、酒、砂糖を入れ火にかけます。
出汁をとるときに使った昆布と
干し椎茸を切って一緒に煮込みます。
生の大根より早く仕上がります。
[PR]

by petacokimono | 2009-02-19 13:59 |

ビーズ

e0134232_1151265.jpg

ずっと前に旅行先で買ったコースターはインド製。
びっしりとビーズが付いていて一目で気に入って購入しました。
たしか一枚7ドルくらいだったか・・。

たびたび使ってかなり布がへたってきたので
処分することにしました。
e0134232_1153860.jpg

ビーズだけとっておき、又別の物に仕上げます。

黒いフェルトで作ったマフラーがあるので
それに縫いつけてみようかと。
とても不揃いのビーズは、手作りの味に満ちています。

ビーズそのものは数百年たっても変わらない。
持ち主である私は、その一時を楽しんでいます。
[PR]

by petacokimono | 2009-02-18 11:55 | ハンドメイド

スナックエンドウ

スイトピーのような可愛い花が咲いていたスナックエンドウに
小さな小さなサヤがつきました。
e0134232_10305791.jpg

            
e0134232_1031778.jpg

虫はいないと思うのですが、風で受粉したのでしょうか。
昨夜は今年一番の寒さという中、頑張っていますね。
e0134232_10321316.jpg

今蒔けそうな種はネギ、カリフラワー、カブ、エンドウ。
エンドウは3週間おきに種まきしています。
長く楽しめそうでしょう?(^^)
[PR]

by petacokimono | 2009-02-17 10:35 | 半農・半X

苺ジャム

毎朝ヨーグルトに添えるジャムは
季節の果物を使った手作りです。
今冷蔵庫にあるのは、キウイ、リンゴ、マンゴー。
昨日群馬に行ったときに生協で見つけた苺は一パック180円!
さっそく4パック買って、ジャムを作りました。
e0134232_111268.jpg
e0134232_1113727.jpg

ジャムにする苺は小さめの方が香りが良いですね。
赤い外面積の多い方が色も濃く、きれいな赤い色に仕上がります。
e0134232_1124690.jpg

苺、グラニュー糖、レモン、ブランディーを入れ煮詰めます。
部屋中良い香り。換気扇に乗って、近所中に甘い苺の香りが漂っているでしょうね。(^^)
e0134232_1142974.jpg

2瓶出来ました。

近所の八百屋さんで、苺が安く出回るのは5月ころ。
春が待ち遠しいです。

e0134232_116157.jpg

[PR]

by petacokimono | 2009-02-16 11:06 |

温かい日

今日は暖かいを通り越して汗ばむくらいですね。
久しぶりに窓を開けています。
ついでにちょっと早いですが、
春らしく黄色のカーテンを吊してみました。

今年は西に黄色がラッキーだそうで。(笑)
重ねてラッキーアイテムの蝶を飾ってみました。
e0134232_12385831.jpg

恋運暦、次回のテーマは蝶。
毎回紹介している手作りアイテムは蝶の飾りです。
シンビジウムの葉に挟んだり、カーテンに飾ったり・・・。
本物の蝶みたいでしょう?
e0134232_12403593.jpg

[PR]

by petacokimono | 2009-02-14 12:40

半襟つけ

着物が好きでも、半襟つけは苦手という方多いですね。
私もそうです。
週に一度3枚ほどの半襟を、まとめてつけています。
着物好きの中には手持ちの襦袢すべてに
半襟を全部つけてしまうという、とってもパワフルな方も。(^^)

持っている半襟の中でも、つけやすい、つけにくいがあって
その差は何だろうと考えました。
まず素材の違い。伸び縮する縮緬やしぼのある物はつけやすいですね。
柔らかい物よりも張りのある物のほうが作業がしやすい。
幅が襟幅と同じ物も楽です。

手持ちの半襟の中で、つけやすい物についつい手が伸びてしまいます。
これもその一つ。
e0134232_10434319.jpg

義母からいただいた物で、布と切った帯芯をあわせてかがってあります。
そこで、帯芯を襟幅に切って半襟にセットしてみました。
e0134232_10454756.jpg

アイロンをかけて折りたたみます。
e0134232_10462628.jpg

簡単に取り外せるように、今回はホチキス使用。
e0134232_1047619.jpg

数カ所とめます。肌に当たる部分には爪が出ないように注意。
e0134232_10475279.jpg

ここまでになっていれば、襦袢に縫いつけるのはかなり楽です。


様子を見て、調子が良ければ暇を見て、
義母の半襟のように縫ってしまうのも良いかも知れません。
[PR]

by petacokimono | 2009-02-13 10:50 | 着物