<   2009年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ちょっとそこまで

e0134232_100541.jpg


出かける

仕事に飽きてくると、夕飯の買い出しに出かけます。
私の買い物かごは、友人に土産でもらった
ベトナムのショッピングバッグ。ベトナムで
買い物をしたときに入れてもらったモノらしい
のですが、ラフィアをざっくり編んであり
大きくて軽く重宝しています。
ネギが似合う珍しいバッグです(笑)
e0134232_1042944.jpg

麦わら帽子を二つ折りしたくらいの柔らかさが
ちょうどいいのです。
買い物カゴではアケビカゴや築地の仕入れに
使われる竹なども形がきれいですね。
試してみたいなと憧れます。カチっとしたところが
魅力ですがそこが災いして、私のように
とかく沢山買い物をしてしまうものにとっては
毎回一つ二つ、はみ出てしまうかなあ。
築地の竹カゴはたいてい取っ手に
ビニールホースを切ったような巻き手が
ついているけれど、確かに丈夫だし
重い物を持ったときに手に食い込まないかも
しれないけれど、使うなら少々おしゃれに
変えたいです。毎日の食材くらいだったら
厚みも半分あれば十分かな。
こんな感じのバッグ↓があればいいな。
e0134232_1082815.jpg



★ ★ ★
前にテレビで見た亜熱帯に住む原住民の女性たちが、
タロイモの収穫に行き、そこにあった椰子だかシュロだかの
葉に収穫した芋をまず置き、両側から器用に葉を編み、
編み終わって緑色の芋虫のようになりますが、そこで
茎を二つに割るわけです。
e0134232_10155267.jpg

すると、あっという間にジャストサイズの手提げに変身!
頭いいなあ。これにはびっくり!
すごいなあ、人間てやるじゃん!と感動しました。
究極の「運ぶ」ための道具ですね~。
昔日本(江戸)の包む技術も似たような合理性があって
卵、豆腐、水、氷など主に藁と和紙を使って
様々な物を包みます。
合理性を追求するとそこに表れるのは「美」。
生活の中にあった様々な美の形、もう一度取り戻したいものの一つです。
[PR]

by petacokimono | 2009-06-30 10:15 | 着物でお出かけ

お勧め本

e0134232_9362175.jpg


今日は月曜日、新しい一週間のスタートです。
暑くなりそうですが、晴れたので気持ちが良いですね。

さて、月曜は着物のことに触れたいと思います。
最近読んでとても参考になったのは、早坂伊織さんの
「男、はじめて和服を着る」光文社新書・刊
e0134232_17402169.jpg


早坂さんはコンピューターのエンジニアリングで
ブログで人気の「男のきもの大全」を開設した方です。
長らく着物は女性がその需要を支えてきましたが
ここ数年ようやく男性が着物に興味を持ち、浴衣から
本格的な和装を生活に取り入れてくるようになりました。

本の内容はシンプルで実用的です。
イラストも手順、結び方など必要最低限ですが
手引き書や辞書を見るようでわかりやすく、すばらしい。
ああ、男性的なムダがない整理された本だなあ、という感じ。
著者は、小さな頃から着物に興味があったのに、
当時はそれを口にするのが恥ずかしくて、
親が外出するなどしたときにこっそり引き出しの奥から
隠しておいた着物を取り出して着ていたというエピソードから
徐々に知識を広げていく様子がわかり、好感が持てます。
着物を買うにも、当時の呉服売り場では、
ほとんどが女性物を扱っていたそうで(たしかに)、
その辺の苦労話、そして見つけた場所は以外にも
住職や武道家が利用する専門店だったと。(笑)
着物サバイバルのあたりは十分私たちにも
参考になりそうな話が載っています。

そしてぜひ読んで頂きたいのは、着物のしきたりに関して
今常識としているあれやこれやは、
案外最近出来上がったものである、という指摘。
何故正装が男性が黒紋付きに袴になったのか、
女性は黒の留め袖なのか・・・。
今では当たり前のようなこの決まり事が出来たのは
実は明治以降とのこと。
この辺も面白いのでぜひともご一読頂きたいと思います。

読後、着物への興味、そしてすばらしさを
ますます実感することとなりました。
男性の和装愛好家、ますます増えるといいなあ。
やっぱりね、男性は和装はとっても似合いますよ。
車の両輪のように、男女両サイドからの着物愛好者が
いることが着物の世界がますます面白くなる、
円熟味を増すのだなあと思います。


アマゾンのURL、こちらで購入出来ます。
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html/ref=aw_mp_1/?a=433403134X&uid=NULLGWDOCOMO

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、和キッチュの刺繍デザインをぼちぼち進めています。
秋か来年の春になるのかわかりませんが、
またまた素敵な刺繍和モノをお披露目したいと思います。
お楽しみにね。
e0134232_1004923.jpg

[PR]

by petacokimono | 2009-06-29 10:00 | 着物

ぺたこさん・2

e0134232_10401775.jpg

[PR]

by petacokimono | 2009-06-28 10:40 | ぺたこさん

電子メモ・ポメラ

このころずっと気になっていたのがポメラ。
欲しいなあと思っていたのですが
買ってみて使わないかもしれないから、
それだともったいない。
一定期間「お試し」で使ってみたいなと思っていました。
過去に電子スケジュール帳を使っていた時期もあったのですが
ペンタイプの入力がまどろっこしくて、おまけに故障して
パソコンとの接続が出来なくなってしまい、
手書きのスケジュールに戻ったのでした。

e0134232_15145144.jpg

いや~世間には仏様のような人がいますねえ。
ポメラを使っていた友人が「しばらく貸そうか?」という
ありがたいお言葉。わ~い!

さっそく出していじってみます。
数日前に電気屋さんで触っていたので
だいたいの感じはわかっていましたが
二つ折りになったキーボードが広がるところ、好きだなあ。
ちょっと華奢な感じもあるのですが、
使っているうちにバキッと割れないかしら?
e0134232_15193522.jpg

開きます。
e0134232_15195140.jpg

ここまで大きさがあれば、両手で打てるから♪(^^)V

そうそう、一番したかったのは手紙の下書きなんです。
誤字脱字の多い、吹き出しで後付け文章を
文中に挟まないと完成しないタイプなので、
文面を整えるのに下書きが欠かせない私の必需品となりそう。

ポメラは場所を選ばずに、どこでも書けるのも魅力。
たとえば絵を描いている時、食後に居間でテレビを見ている時、
外出先で、移動の途中ちょっとした空き時間に、さっと取り出して
すぐにキーを打てます。

小型のノートパソコンでも良いじゃん?と
思われる方もいると思いますが、ポメラは
立ち上がりが早いのが特徴で、開けるとすぐにスタート。
電子タイプライター、そんな感じです。

このブログの下書きもポメラで書いています。
USBでつなげばそのままパソコンで文章が
反映できて便利だなあ。
キーボードの配列も使用中のパソコンとほぼ同じなので
戸惑うことなくて、それもよかった!
どこでも売っている「乾電池」で使えるから
バッテリーの消費やチャージを気にしなくても良いし。

これ、ミャンマーなど環境が厳しいところに出かける
ブリッジエーシアジャパン(以下BAJ)の海外特派員に
使わせてあげたいなあ。
ミャンマーの事務所はバッテリーで電力を確保しているけれど、
一歩外に出ると停電は日常茶飯事、活動先は僻地中心で、
海外旅行者が立ち入らないようなマウンドーなど奥地の
村での井戸掘りの打ち合わせや橋の修復や会議など、
ポメラを使えばすごく役立つのではないかしら。

e0134232_1536268.jpg

ポメラ入れに、ちょうど良いサイズのポーチがありました♪
完璧です。

褒め褒めの文章になりましたが
モニターではありませんです。
[PR]

by petacokimono | 2009-06-27 15:37

繁殖力

野菜の苗がこんなとこや、あんなとこや、
ちょっとした空きスペースに浸食しています。
e0134232_10212236.jpg

収穫したバジル、食べきれなかったので花瓶に入れておいたら・・・。
e0134232_10241956.jpg

あああ!また根が出ちゃった!
e0134232_10244985.jpg

もう、バジルハウスと呼んでください。
[PR]

by petacokimono | 2009-06-26 10:25 | 半農・半X

ぺたこさん1

e0134232_17485690.jpg

[PR]

by petacokimono | 2009-06-25 17:49 | ぺたこさん

記念日ディナー


昨日は記念日。
以前はお気に入りのレストラン
などに出かけておりましたが
最近は家でゆっくりとすごすことが
多くなりました。ハイポニカ水耕栽
培の野菜達を使って、安上がりだ
けどお腹いっぱい。

安くて美味しくて、わがままがきいて、
いつも空いていて、いいレストランでしょう?
しかし、このレストラン気持ちがよくなった後に
「皿洗い」しないと帰れないのです。
[PR]

by petacokimono | 2009-06-25 10:18 |

リズム

e0134232_18171947.jpg

何だかわからない絵って
描いていてとても面白いです。
これはへその緒入れ。
ワクワクする感じや、ウキウキするリズム。
そんな感じ。
[PR]

by petacokimono | 2009-06-23 18:18 | ハンドメイド

お人形の着物

今取りかかっているのはちょっと面白いお仕事です。
人形の着物の作り方♪
さっそくラフを描いているのですが、
どうもいただいた図が違う?
写真のプリントアウトも、肝心な部分が見えにくい。
こんな時は作るのが一番。
袷の袂はこうなってるのね。
最後にひっくり返すとき、布の断片が一気に袂に化ける。
それが、ちょっと快感。

e0134232_14131987.jpg

小さい袷の袂、かわいいっ!
e0134232_1414290.jpg


これが終わったら、身頃。
仕事が終わったら袷の着物の作り方が理解出来そうです。(^-^)

さて、日向堂で可愛いガラスの豚たちの展覧会。
フォルムと色がナンともピッグです。
トン好きの友人に知らせなくちゃ!
e0134232_14142137.jpg


羽鳥景子ガラス展
2009年7月3日(金)~9(木)
ギャラリーカフェ・日向堂
[PR]

by petacokimono | 2009-06-22 14:16 | イラストレーション

トウモロコシ

トウモロコシが好き。
焼いても茹でても、スープも好きです。

この時期にいつもトウモロコシ・味来を送ってくれる知人がいて
今年も又ぷりぷりのトウモロコシが届きました。感謝。

茹で方は二つに切り、葉でくるんで茹でます。
※味来は生で食べても甘くて美味しいトウモロコシです。
ゆで上がったなと思ったら湯に入れたまま冷まします。
葉でくるんで茹でると甘みが逃げないのよ、と
教えてくれた飲み屋の女将さん、元気かなあ。

e0134232_12434529.jpg



味来の通販サイトなど沢山ありますがコレはその一つ。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/biwadonya/c-tm2.html
茹で時間、保存法など記載されていますのでご参考にどうぞ。
[PR]

by petacokimono | 2009-06-21 12:43 |