<   2011年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

商品紹介☆手刺繍のバッグ

インディーズ着物ショップの井戸端・着物マーケットにて
販売する予定の商品をちらっとご紹介します。(^^)

手刺繍のミニバッグ
持ち手はレース編み。
せっせと作りました。
持ち手を外して付属の吊り金具に替えると
便利なウエストポーチになります。
e0134232_1613974.jpg


ご来場をお待ちしております♪
e0134232_16135939.jpg
e0134232_16141538.jpg

[PR]

by petacokimono | 2011-03-31 16:14 | お知らせ

芽が出た

先日蒔いた種、早くも発芽。
暖かいのがわかるのね。
どっかで、見てるんだね~。
e0134232_1111366.jpg

これ何だったかな。水菜、かな。
e0134232_11111612.jpg

いつものように花を生けます。
着物を着て、背筋を伸ばして。

苔に中から芽吹いた雑草には蕾が膨らんでいます。
e0134232_11115628.jpg

e0134232_11132854.jpg
e0134232_11134113.jpg

このムスカリも植えた憶えないし。
でも毎年ここに咲くんだよね。
e0134232_11135251.jpg

[PR]

by petacokimono | 2011-03-31 11:54 | 半農・半X

外出するときに持っていく物・地下足袋

3月11日、銀座にいた私は
いつもの通り着物を着ていました。
電車が止まり、バスを待つ人は溢れて、
ABCにはスニーカーを求める人たち。
そして皆家に向かって歩いています。

様子を見て時間を潰し、運良く動いた電車を乗り継いで帰宅できました。
着物を着て外出して、災害にあったときに困るのはあしもとです。

どれだけ長く歩けるか。どれだけ悪い道を歩けるか。

フランスの石畳でも苦戦した足弱(あしよわ)としては
対策を考えねばなるまい。
そして、購入したのはこれ。
e0134232_10291527.jpg

地下足袋です。
藍色のしっかりした木綿布にゴム底。
足の甲部分が厚くなっています。
とてもフィットして良い感じです。
足慣らしに家の中で1日履いてみましたが疲れません。
これなら大丈夫そうです。

折りたたむとスリッパみたいにコンパクトになります。
外出の時、カバンに入れておくと安心できそう。
銀座の大野屋さんで3900円くらいでした。
七枚コハゼで、長いので折り返して履いてみました。
裏は薄い水色で、ここに青海波でも刺繍しようかな。
[PR]

by petacokimono | 2011-03-29 10:40 | 非常時を生きる

野菜の間引き

暖かくなってくると野菜の成長が早いのは良いのですが
困るのは虫。
どこから来るのか、気が付くとぽつりぽつりとアブラムシ。
e0134232_17143652.jpg

出来るだけ風通しを良くしたいので
込み入ったところを間引きます。
根本の所からハサミでカットします。
バーミキュライトの袋まで取ってしまうと
自立できないので、袋と根は残したまま。
e0134232_17144818.jpg

間引いた野菜はきれいに洗ってクーラーボックスへ。
e0134232_1715056.jpg

水耕栽培の野菜、
市販の野菜より長持ちします。
10日くらいだったらピンシャンしていますよ。
5~6回分のサラダの貯蔵が出来ました。

本日収穫は、レタス、水菜、リーフチコリ、コールラビ。
[PR]

by petacokimono | 2011-03-28 17:18 | 半農・半X

4月にイベント・出店します!

4月15.16.17日着物のインデイーズショップが集まって
イベントを開催することになりました。
昨年から準備を進めて、下見をし、
ようやくDMも出来ました。
さあ、本格的に準備を始めなければ!
e0134232_135377.jpg
e0134232_1354540.jpg


ブログも立ち上げました。
各店のオーナーが持ち回りでお店の紹介や出店する商品を
アップしていますので良かったらご覧になってくださいね。(^^)
インディーズ着物ショップの
井戸端・着物マーケット


和キッチュ・ぺたこでは、新作半襟、がま口バッグ、帯留め、帯締めなど
ご用意して皆様をお待ちしております。
今回の東北関東大震災のことで、
私たちも何かできないかと話し合い、
商品の売り上げから救援金に出来るよう仕組みを作りました。
シールが貼ってある商品は救援金を含んでいます。
救援金の額は、それぞれのシールに明記します。
e0134232_1248557.jpg

入り口にハートのポスターを用意し、そこにシールを貼ります。
この合計が全て救援金に。
e0134232_1248232.jpg


どうぞいらしてくださいね。
お待ちしております。
[PR]

by petacokimono | 2011-03-27 13:17 | お知らせ

野菜、安心か?否か。

今まで私たちは地震の経験はあっても
これほど大きな地震は初めてだし、
今回は放射能の問題もあり、
日々新たな選択を迫られています。

水のこと、農作物への影響。
安心だといわれても素直に従えないのは
今まで何度も騙されてきた(後から、実は・・・というのが
多すぎ)経験があるからでしょう。

被災地への支援と不安。
これは困りました。
農作物、買って支援したいけどこわい。
基準をわかりやすく、その上で安心のハンコを押してほしいものです。

私、数年前から水耕栽培でベランダにて野菜を作っています。
おかげさまで、サラダの葉は年間90パーセント以上まかなっています。
サラダの葉の種類は15にものぼり豊富です。
e0134232_12443081.jpg

e0134232_12445073.jpg

ようやく暖かくなったので今日は種まきをしました。
e0134232_12454159.jpg

ベビーサラダミックス、ルッコラ、バジル。
庭にはつるなしインゲンを。
e0134232_12455423.jpg

発芽したらバーミキュライトのカップに移植し、
あとは1000倍に薄めた液を足すだけ。
e0134232_12474026.jpg

A・Bのセットで5250円。
これで一年間持ちます。
ハイポニカ ホームページで購入できます。

詳しい野菜の作り方は「いつでもレタス」をご覧ください。

水耕栽培で野菜を育てると、
ベランダが野菜室に、そして畑になります。
[PR]

by petacokimono | 2011-03-27 12:51 | 非常時を生きる

過去の災害から学ぶ・空き缶コンロ

e0134232_14531565.jpg

新聞を読んでいて、これは!と思う記事を切り抜き
一冊のファイルにまとめています。
項目は、①おいしい物、②役立つ情報、③サバイバルのアイデアなど。
そのファイルから今役立つ物を紹介します。

毎日新聞に載っていた「備える 大地震」・防災用品③の
「身近なもの 工夫で変身」という記事の中から。

アルミ缶とテイッシュ、アルミホイル、
サラダ油で手作りする炊飯用コンロです。

4~5分で目玉焼き
5~10分でお餅を焼く
40分で炊き込みご飯4人分が出来るそうです。

財団法人「市民防災研究所」のホームページに作り方が載っています。

電気が使えなくても、ガスが使えます。
ガスが使えなくても、カセットコンロがあれば。
カセットコンロが無くても、サラダ油と幾つかの物があれば
コンロが作れます。無ければ代用の物を作る工夫があります。

防災用品の大半は、日常生活で使っている物でまかなえます。
[PR]

by petacokimono | 2011-03-26 11:35 | 非常時を生きる

シャワーが水の時の入浴方法

e0134232_13403112.jpg


BAJの活動でミャンマーの奥地、マウンドーに行ったとき
11月のミャンマーは結構寒くて、ラマダンの時期でしたが
6時で村の電気がバチッと消える。
元の大きなスイッチを切るように容赦ない。
夜ふけるにつれ深さを増して真の闇。目の前に指を出しても
全く見えない。瞬きしてもしなくても真っ暗。
カカカとヤモリが鳴く。
特にラマダン最後の日は新月。

これは・・・、こわかったなあ。
ガスもないし、水道もない。
そんな場所で活動するBAJの事務所は、モーターと発電機があり
水はポンプでくみ上げていたと思う。
現地のスタッフが煮炊き、入浴用の湯を作ってくれた。

このシャワー室、以前緑色のサソリが出たと言う話を入浴後聞いた。(--)

村の着火材(イラスト中の文字が剤になっている。失礼!)は
乾いた牛糞。それを集めるのは子供達。
平べったいフンを柔らかいうちに棒状に成形して
屋根の上に乗せ乾かす。
わらを多く含んだフンはとても火がつきやすい。生活の知恵。

BAJはミャンマーやベトナム、スリランカの支援を長年続けてきた。
国内で走られていないけれど、海外の大きな支援団体に
匹敵する活動を現地で(それも少人数で)進めている。
劣悪な環境でのインフラ整備、予期せぬ災害には
臨機応変に対応できる支援を得意としています。
そして今回、東北関東大震災の募金活動を始めました。
詳しくはBAJのホームページをご覧いただければと思います。
[PR]

by petacokimono | 2011-03-25 13:30 | 非常時を生きる

お座布プロジェクト・ロゴ作りました。

直やさんの「お座布プロジェクト」のロゴと
メッセージカード、記入用紙を急遽作成しました。
墨田区で続々プロジェクトに協力してくださる方、
全国から参加してくださる方からも直やさんに
連絡が集まっているんですって。よかった!
随時ここで進行状況をお知らせします。

↓プロジェクトのロゴです。お座布ちゃん♪
e0134232_10325369.jpg

申込用紙です。
被災地に送るときの送料、当初は直やさんが負担するお気持ちだったらしいのですが
沢山お送りすると料金もかさみます。
すみませんが、参加者にも少しご負担頂きたいとおもいます。
どうぞよろしくお願いいたします。
送るのにかかった額を差し引いた分は、寄付に宛てる予定です。
e0134232_1033975.jpg

お送りするときに付けるメッセージです。
e0134232_10332778.jpg


詳しいことは直やさんのブログをご覧ください。
よろしくお願いいたします。
[PR]

by petacokimono | 2011-03-24 10:36 | 非常時を生きる

避難場所で、少しでも快適にすごす

たくさんの人が使う避難場所。
毎日のように放送されるその様子を見ると
プライバシーが無くてお気の毒だなと思います。
みなさん辛抱していらっしゃるけれど、少しでも早く
プライバシーの保てる場所でリラックスして頂きたいと思います。

本日は、そんな場所にあったら便利だろうなと思う物を紹介します。

それは「まくら屏風」です。
歌舞伎や時代劇に登場するまくら屏風は
普段は部屋の隅に畳んだ布団を隠すように立てかけてあります。
夜は枕元の風を防ぐため、また長屋の戸を開けたときに
丸見えにならないように立てかけます。
時には内職であかりを使うとき、寝ている人が
安眠できる暗さを保てるようにと使われます。

宿などで、他人同士が相部屋になったときも
間仕切りとして使い、内外を隔てる役目もします。

歌舞伎・文七元結では、仲人が両家へ橋渡しするときに
ついたてで双方に話をするなど、このまくら屏風を使って上手に演じられます。
e0134232_1248148.jpg

避難所でまくら屏風を使ったらかなり役に立ちそうだと思いました。
・自分の居場所の認識
・屏風内に持ち物を寄せておく事も出来る
・表札として使える
・不在の時にメモが残せる
・○○が欲しい、今は話したくない、トイレに行っています、
 自宅に戻っていますが夜戻りますなど意思表示が出来る
・すきま風を防ぐことが出来る
・光をさえぎり、少しは安眠の出来る状態になる
・着替え、授乳など、見られたくないときのパーテーションになる

などなど。
e0134232_12525525.jpg

早く落ち着ける場所に行けると良いのですが
臨時の今も出来るだけ、居心地の良い場所に出来る工夫を
あれこれ考えてみました。
今日より、明日が
すこしでも良い日になりますように。
e0134232_12541424.jpg

[PR]

by petacokimono | 2011-03-23 12:54 | 非常時を生きる