<   2014年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

越冬キャベツ

e0134232_75052.jpg

キャベツの芯の部分を水の入ったコップにさしていたら、
根が出てきたのでそれを土に植えました。
結球はしないのですが、時々外側の葉を収穫して。
冬が来て枯れちゃうかなあと思っていたのですが
案外強いですね、越冬しました。
ただいまモンシロチョウの芋虫が
盛んに葉を食べるのでボロボロ。
e0134232_655184.jpg

可憐な花が咲いています。
e0134232_715985.jpg

e0134232_658429.jpg

秋になったらまた新しい芽が出てくるでしょう。
そしてまた冬。

このキャベツは3年ほど、この庭にいます。

キャベツとベーコンを炒めた物が好き。
時々お好み焼き風にして食べることもあります。
料理の時にアンチョビ入れると美味しい
レシピはこちら↓ モリモト・パンジャの酔っぱライブ
http://www.asobist.com/entame/drinker/20130604.php
[PR]

by petacokimono | 2014-05-30 07:02 | 半農・半X

落雁って楽しい♪

こんな落雁があったら楽しいですよね?
今日はそのいくつかをご紹介します。

立体的な「はと」が作れます。
鳩落雁
e0134232_20122412.jpg


ころんとした形が可愛くて、作りやすい、
ハス落雁
e0134232_2013138.jpg


縁起の良い双桃、
e0134232_20135147.jpg


冬よりも、暑い夏に活躍しそうな雪だるま落雁
e0134232_20142253.jpg


8月の山の日も決まり、当分大人気の富士山
e0134232_2015053.jpg


めでたい鯛!
e0134232_20163585.jpg


年末から来年にかけて活躍するヒツジ
e0134232_20171256.jpg



もう一つヒツジ。上が小さく、下のはもう少し大きい。
2つ並べると可愛いです。
e0134232_2018112.jpg


ご挨拶にそっと添えたい
季節の花のしおり落雁
e0134232_20182260.jpg


一富士二鷹三茄子落雁!
e0134232_2019362.jpg



kata-kataで販売開始です。
よかったら覗いてみてください。

http://kata--kata.com/
[PR]

by petacokimono | 2014-05-29 20:19 | ハンドメイド

まめまめしく豆の季節

e0134232_16171378.jpg

お隣さんから豆をいただいたので
今夜は豆ご飯です。
春、一度くらいは豆ご飯が作りたいけど
買うと結構高いので、今夜が今年初の豆ご飯。
細心の注意を計り水加減。

ちょっと堅めが好き。

グツグツ グツグツ

お鍋から良い香りがしてきましたよ♪
[PR]

by petacokimono | 2014-05-28 16:20 |

ちょっと ひと手間

和キッチュの刺繍半襟は、それだけで可愛いのだけど
もうひと手間かけたらもっと素敵になります。
今日はそれをお伝えしたいと思います。

たとえばビーズを点々と付けると
刺繍糸と違う素材が組み合わさって
見た感じに奥行きというかコクみたいな物が出てくる様な。
e0134232_1817366.jpg


半襟をお買い上げいただいた後に
皆さんが好きなところに手を加えて
世界で一枚の半襟を作っていただけたらすごく嬉しいです。
その時間が無い、という人には、プラス加工賃で
ビーズ付けサービスもいたします。

e0134232_18282819.jpg


ビーズ付・きチロルの半襟に続き


ビーズ付き・藤の半襟スペシャルバージョンも好評で嬉しいです。
[PR]

by petacokimono | 2014-05-26 18:29 | ハンドメイド

tyotto

e0134232_1817366.jpg


e0134232_18182152.jpg

[PR]

by petacokimono | 2014-05-26 18:18

tyotto

e0134232_1817366.jpg


e0134232_18182152.jpg

[PR]

by petacokimono | 2014-05-26 18:18

落雁つくり、無事終了!

一欅庵(いっきょあん)で23日,24日に開催したた落雁つくり。
今回も無事終了しました。
両日とも満席で、お客様がお集まりになり、
遠いところでは広島や静岡の方も!
ほんとうにありがとうございます!
参加してくださった方の熱に、私も動かされています。
私も頑張ります!

e0134232_1375455.jpg


e0134232_138121.jpg


汗ばむくらいの良い天気。
(一欅庵)いっきょあんは夏のしつらえで、涼しげ。
窓から入り、和室に流れる風は、奥の部屋の窓へと。
まるで風の道が見えるような、合理的な古い日本の家屋。

春には春の、夏には夏の建物が持つ力や工夫や、楽しさなどを
一欅庵(いっきょあん)は私たちに見せてくれます。
オーナーの辻さん家族がお持ちの人形やお皿、額、置物など
夏のしつらえを堪能いたしました。

2階の部屋、御簾ごしに差す夕方の西日の日射しがきれいでした。
庭の大木に巣をかけて、人なつこくそばまで来るムクドリ。庭に住むカエル。
ホタルブクロのつぼみも膨らみかけていました。

写真などで又詳しくご報告をいたしますが
ひとまず、無事に終了したことをご報告。

ありがとうございました。

一欅庵*和の暮らし展


後かたつけが終わって、反省会で行った中華屋さん。生ビールが美味しかったよ!(^^)ぷは=
[PR]

by petacokimono | 2014-05-25 13:16

カッパ

e0134232_142540.jpg


架空の動物とされているカッパ。
ですが、等々力渓谷の早朝、もやがかかって前をゆく人が見えないような日。
そんな日はカッパがいるかもしれません。

何度となく繰り返し作っているカッパたちですが
今回はこんな素敵なコラボ作品となりました。
e0134232_1461496.jpg


かっぱさんのグラス。
これをいつも持参して
好きなところで一休み、ちょっと一杯。

水割りはちょいと川の水をすくって。

西荻窪で明日から2日間ご披露です♪
e0134232_1483473.jpg

e0134232_1481054.jpg
e0134232_148112.jpg

[PR]

by petacokimono | 2014-05-22 14:09 | ハンドメイド

コツは必要以上に手を出さないこと。

我が家では数年前からミミズを飼っています。
路地にブロックを積んで囲いとし、釣具店で購入したミミズを入れました。
毎日調理中に出た野菜くずを投入しています。
一番上にはプラスチックの板を置き、ネズミが来ないように。
時々野菜くずと一緒に土や珈琲のカスを入れたり。
ミミズは檸檬が嫌い。脂身も嫌い。
食べ残しは調味料がかかっているからだめ。
玉葱やネギの皮も苦手です。


そうして半年もすると野菜くずはすっかり土のようになります。
ブロックの中から濡れた土を取り出して、コンクリートで乾かすと
こんな感じの肥料になります。
e0134232_10312256.jpg

これを庭やコンテナなどに使って野菜や果汁を育てています。
昨年の葡萄もこうしてミミズのお世話になり、沢山収穫出来ました。
今年は昨年以上にたくさんの実が付いています。
収穫は7月頃で、どのくらいジャムが出来るんだろ?楽しみ。
昨年の収穫の一部・レッドポットワンという小さな沢山実る葡萄の品種
e0134232_10361321.jpg

ブラックベリーも花盛りです。
e0134232_10461979.jpg

根の一部がミミズハウスの下に入り込んでいるのではないかと推測。
蜂たちがハミングしながら毎日出勤しています。
e0134232_10465570.jpg

コンテナには赤い大根やラデイッシュを栽培中。
e0134232_10381627.jpg

一つのコンテナから本葉が出たら
新たに種まきをして、いつも少しずつ収穫出来るように準備。
無農薬で育てていますので、葉に虫食いは当たり前。
雑草も基本的に抜きません。
手をかける時間が無いというのが一番の理由ですが、
野菜も競争することで本来の生命力を発揮しているのだと思います。
もちろんそうやって頑張った野菜たちが美味しいことは間違いありません。

さて、ミミズの土ですがちょっと早く掘りすぎてしまったらしく
中にまだ野菜くずらしきものが残っていたので、
ミミズごと大きな鉢にもどしてさらに成熟させることにしました。
上には45リットルのゴミ袋をかぶせて。
数日したらナニヤラ沢山は得てきました。

カボチャ!

e0134232_10414082.jpg


せっかくなので当分このままで様子を見ることに。
育てるには多すぎる数ですが、あえて手を出さず。
成り行きに任せます。

e0134232_1044412.jpg


なかから強いのが残るのか。
全部がひょろひょろで育つのか。
はてさて。

e0134232_10454568.jpg


余計な手を出すと可能性をそぐことも多い。
ぎりぎりまでそばで見守る。
野菜を育てていて学んだこと。
[PR]

by petacokimono | 2014-05-22 10:48 | 半農・半X

ベトナム発、綺麗な色の洪水

ベトナムのシルクのスカーフを初めて見たときに
その色の綺麗さに驚きました。
薄い青、濃い青、様々な色が縞のように寄り添い競い合っているようで。
e0134232_1611061.jpg


ベトナムに「クラフトリンク」というNGOの女性支援団体があります。
手工芸品の生産者援助のための非営利団体の団体で、
このスカーフは底の運営する売店から購入しています。
観光客相手の商品よりは若干高いのですが,こちらから買うことで
ベトナム女性の職業訓練と賃金取得に役立っていると思うとちょっとうれしい。
e0134232_1621942.jpg


このスカーフはねじり飴のように、
ねじった形でパッケージされているので
開けて見るまでどんな色かわからない。
ちょっとドキドキしますね。
その状態で販売しても面白いけど、ちょっと困りますよね。(笑)
ですので、ちゃんと広げて販売します。
e0134232_1613162.jpg

しぼが入っているので、帯揚げに良いなあと思ったので
和キッチュで販売することにしたのですが、
着物の時だけじゃなくて、洋服の時にも使ってほしいし
帯揚げとしてだけじゃなく、冷房対策でも活躍させて欲しいと思います。
皺が気にならないし、ひねって巻くだけでカッコイイ。
e0134232_1615892.jpg

帯揚げとしては半分のボリュームでもスッキリと使えるので
半分幅も作ってみました。こちらもお勧めです。
e0134232_1614646.jpg


さらに三角にして首にアクセントを付けられる
小さめの物も作りました。
コンサートや観劇のときに襟が冷えるのを防ぎます。

和キッチュで発売中。
全幅の物が4400円、半分の幅が3000円、三角が1600円です。
ほとんど一点物ですのでお早めに。
次に入荷するときは違う色の組みあわせになります。


                お店情報
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

和キッチュ  http://www.wakitsch.com/

CRAFT LINK(クラフトリンク) 41-43 Van Mieu
 
[PR]

by petacokimono | 2014-05-20 16:22 | ハンドメイド